logo_tf_s.png
福井市ガス民営化は関電グループ、「地元活用」で価格劣位を挽回

2020年4月から公営ガス事業を民営化する福井市の選定委員会は、事業譲渡先候補として関西電力を代表とするグループ(関西電力・北陸電力・敦賀ガス)を選定した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close