logo_tf_s.png
カナディアン・ソーラーの遺失賃料217万円に拡大、九電の出力制御

上場インフラファンドのカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人は10月22日、九州電力の出力制御の影響で、遺失変動賃料が217万3000円になることを明らかにした。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close