logo_tf_s.png
これからのスタジアム・アリーナ事業(2)、資金調達は事業体の信用力が頼り

前回に続き、「日本に民設民営、アリーナファンドは根付くのか?」をテーマに開催した「インフラ投資有識者会議」の概要を報告する。会場からの質問に、ゲストスピーカーの三井住友トラスト基礎研究所の福島隆則氏と、電通の高橋俊憲氏が答える。(全5回)

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close