logo_tf_s.png
福岡空港コンセッション事業に協調融資1700億円

日本政策投資銀行(DBJ)とみずほ銀行を主幹事行とする12の金融機関は、コンセッション方式で福岡空港を運営する福岡国際空港株式会社に対して、総額約1700億円の協調融資を組成した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close