logo_tf_s.png
立山有料道路のコンセッション可能性調査開始、17年度料金収入2.4億円

富山県は10月11日、立山有料道路を対象としたコンセッション導入可能性調査業務の委託先として、建設技術研究所を選定したと発表した。期間は2019年3月まで。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close