logo_tf_s.png
広がるグリーンボンド

産業界による資金調達の多様化が進むなか、環境配慮型プロジェクトの資金を調達する「グリーンボンド」(環境債)の存在感が徐々に高まっている。調達資金を自社の目玉となる大型開発プロジェクトなどに充てるケースもあり、100億-200億円といった規模の調達も珍しくない。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close