logo_tf_s.png
道北で「独自送電網」着工、1000億円投じ”風力発電”に接続

750MWの風力発電設備を保有する国内最大手ユーラスエナジーが設立したSPCの北海道北部風力送電は、風力発電所が集積する道北で、1000億円を投じて独自の送電網を建設する。大手電力会社のケースを除けば送電整備としては過去最大規模。整備区間は78kmにおよび、18万7000ボルトの超高圧電力ケーブルのほか、世界最大級の蓄電池や変電所を新たに設ける。10月中に着工し、2022年に竣工予定。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close