logo_tf_s.png
スパークスが再エネファンド設立、募集300億円にトヨタ100億円出資

スパークス・グループとトヨタ自動車は9月19日、スパークスが再生可能エネルギー発電所を投資対象とするファンド「未来再エネファンド」を設立し、トヨタが新ファンドへの出資者として参画することで合意した。同日、両社が発表した。募集金額は約300億円で、トヨタは100億円を出資する予定だ。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close