logo_tf_s.png
「出力抑制」の影響は限定的、カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人

九州電力がこの秋にも実施するとしている「出力抑制」について、カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の資産運用会社であるカナディアン・ソーラー・アセットマネジメントの大竹喜久社長は「影響は極めて小さい」と語った。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close