logo_tf_s.png
千葉大のPFI医学系総合研究棟/11階延べ4.1万㎡

千葉大学は、PFIを導入する千葉大学(亥鼻)医学系総合研究棟整備等事業の建築計画をまとめた。規模はS・SRC造11階建て延べ4万0932㎡。特定目的会社「千葉いのはなPFI」の代表企業を務める清水建設の施工で2019年3月中旬に着工し、21年1月末の完成を目指す。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close