logo_tf_s.png
横浜市の本牧市民プール/18年度内に実施方針案

横浜市は、本牧市民プール再整備に向け、公募条件の整理などに役立てるために実施したサウンディング調査(対話)の結果を公表した。事前説明会に23事業者、対話には設計や建設など建設関係10者と管理運営関係8者の計18事業者が参加。事業方式はPFIのBTO(建設・譲渡・運営)方式を予定しており、今回の結果などを踏まえ、2018年度内にも実施方針案をまとめる。19年度上期の民間事業者の募集開始を目指す。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close