logo_tf_s.png
オリックスが新会社設立、発電所のO&Mを内製化し人材確保

オリックスは再エネ発電所のO&M(オペレーション&メンテナンス、運営管理保守)を担う新会社を設立し、9月5日付で事業開始した。自社物件のO&M業務を外部委託から内製化に切り替え、人材を安定確保し、高度化する発電所運営に対応する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close