logo_tf_s.png
日立造船がグリーンボンド発行、50億円調達へ

日立造船はグリーンボンドを9月中に発行する。発行年限は3年間で金額は50億円。国内製造業のグリーンボンド発行は初めて。調達した50億円は、京都市と熊本県合志市のごみ焼却発電施設の運転資金に充てる予定だ。グリーンボンドの発行により、資金調達手段を多様化する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close