logo_tf_s.png
FIT認定の審査が長期化、3カ月メド

資源エネルギー庁はFIT制度の標準処理期間を改正した。再生可能エネルギー発電事業計画の新規認定や変更認定について、10kW以上の太陽光や風力、水力の、申請から認定までに要する期間の目安を、現行の1~2カ月から3カ月に見直した。8月31日から適用した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close