logo_tf_s.png
PPPの本質は民間誘導インセンティブ、『海外インフラ投資入門』の著者に聞く

7月に発行された『海外インフラ投資入門』(中央経済社)は、コンソーシアム組成、投資判断、事業スキーム構築、リスク分析など、海外PPPの仕組みと実務について解説した。著者の佐々木仁氏は、建設コンサルタント、シンクタンク、国際開発金融機関、監査法人などで約20年間にわたり国内外のPPP/PFIに従事したスペシャリストだ。執筆の狙いを聞いた。(編集部)

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close