logo_tf_s.png
福岡空港コンセッション、県が上限10%の出資契約

福岡県は8月7日、コンセッション方式を導入する福岡空港の優先交渉権者構成員と、福岡空港運営会社への出資契約を結んだ。出資額は実施方針に基づき10%以下。具体的な金額は今後、協議して決める。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close