logo_tf_s.png
住友商事が宇都宮駅前開発で優先交渉権を獲得

住友商事は、宇都宮市が実施した「宇都宮駅東口地区整備事業」の事業者公募で、野村不動産を代表企業とする企業グループ16社の一員として優先交渉権者に選定され、同市と基本協定書を締結した。8月6日に発表した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close