logo_tf_s.png
フォーラム(6)浮体式洋上風力発電のケーススタディー

産経新聞社とインフラビジネスJAPANが6月26日に開催した「未来のインフラ事業創造フォーラム コンセッションとグリーンエネルギー」から、講演の概要を7回にわたって報告する。6回目は、山田睦氏(IDEOL SA 日本オフィス、アクティングカントリーマネージャー)が「浮体式洋上風力発電のケーススタディー」について解説する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close