logo_tf_s.png
南紀白浜空港の実施契約締結、SPCは4億円でビル会社の株式取得へ

和歌山県は7月25日、コンセッション方式で南紀白浜空港を運営する予定のSPC(特別目的会社)「株式会社南紀白浜エアポート」と実施契約を結んだ。SPCは、「経営共創基盤・みちのりHD・白浜館コンソーシアム」が2018年5月28日に設立。社長には経営共創基盤の岡田信一郎パートナー、マネージングディレクターが就任している。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close