logo_tf_s.png
政投銀が米国天然ガス火力発電に参画

日本政策投資銀行(DBJ)は、米国ニュージャージー州の天然ガス火力発電事業に参画したと7月17日に発表した。電力自由化で先行する米国の事業に参画することで、自由化市場のファイナンスに必要な知見を得て、今後、自由化が進む日本の電力市場への還元を目指す。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close