logo_tf_s.png
東急不動産が政投銀と太陽光7事業を取得

東急不動産は、このほど日本政策投資銀行と共同出資して、国内で稼働中もしくは工事中の太陽光発電7事業を取得した。出資率は非開示。7事業の完成時の発電能力は合計で約180MWになる。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close