logo_tf_s.png
JBICが電力の貸付債権を流動化、金融機関の投資が可能に

国際協力銀行(JBIC)は7月6日、中東の電力プロジェクトでJBICが組成・保有しているプロジェクトファイナンス債権の一部について、銀行6行との間でローン・パーティシペーション契約を結んだ。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close