logo_tf_s.png
PPPの効用と限界、「インフラPPPの経済学」訳者の安間匡明氏に聞く

いかなる条件のもとでPPPは有効なインフラ整備のツールになりうるのか――。2017年12月に出版された「インフラPPPの経済学」(原書名「The Economics of Public-Private Partnerships」)は、PPP(官民連携)の効用とその前提条件、そしてPPPの限界を明らかにした。訳者である安間匡明氏(大和証券顧問)に読みどころを聞いた。(編集部)

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close