logo_tf_s.png
これからの上下水道事業(1)、まずは「広域的官民連携事業体」を担い手に

インフラビジネスJAPANは5月22日、東京都内の会場でインフラ投資有識者会議「官民連携による、これからの上下水道のカタチ」を開催。日本政策投資銀行地域企画部担当部長・PPP/PFI推進センター長の足立慎一郎氏と、ジャパンウォーター取締役の中軽米(なかかるまい)正美氏をゲストスピーカーに招き、上下水道分野の官民連携の課題や推進方法について議論した。

前半の講演では、足立氏が「官民連携を活用した広域化」、中軽米氏が「官民連携手法におけるリスク分担のあり方」について解説。後半のトークセッションでは、参加者から寄せられた質問を中心に討議した。ここでは、後半の討議内容を、官民連携スキーム、契約時のリスクの考え方、今後の展望――の順に4回に分けて報告する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close