logo_tf_s.png
これからの上下水道事業(4)、公共のガバナンスとモニタリングが重要

インフラビジネスJAPANが5月に開催した、インフラ投資有識者会議「官民連携による、これからの上下水道のカタチ」の報告の4回目は「今後の展望」。ゲストスピーカーの日本政策投資銀行地域企画部担当部長・PPP/PFI推進センター長の足立慎一郎氏と、ジャパンウォーター取締役の中軽米正美氏が語る。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close