logo_tf_s.png
IDEOLとマッコーリーキャピタル、商業用浮体式洋上風力を開発へ

仏IDEOLと、豪マッコーリーキャピタルの100%子会社であるアカシア・リニューアブルズ(東京都)は、商業用浮体式洋上風力発電施設の開発に着手することで合意。2023年に建設を開始する予定だ。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close