logo_tf_s.png
第一生命が海外インフラデットファンドに100億円

第一生命保険は6月4日、英国の運用会社M&G Investmentsと共同で、海外インフラデットファンド「M&G Infrastructure Loan Fund」を組成し、リード投資家として約100億円の出資を決定したと発表した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close