logo_tf_s.png
鳥取の水力発電コンセッション、2カ所の再整備に民間資金

鳥取県が県営の水力発電所に導入するPFI・コンセッション事業では、運営権対価は、運営事業者が毎年度支払う「分割金」と、各施設の運営維持開始時点で支払う「一括金」で構成。小鹿第1と第2の再整備費には、民間資金を活用する計画だ。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close