logo_tf_s.png
SMFLと富国生命が岩手の太陽光にプロファイ、富国生命は20億円融資

三井住友ファイナンス&リース(SMFL)と富国生命保険は、サステナジー(東京都渋谷区)が主導する岩手県宮古市の太陽光発電事業に対し、リースを活用したプロジェクトファイナンスを行う。富国生命は20億円を融資すると決めた。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close