logo_tf_s.png
「未来投資戦略2018」素案、内閣府などに専任の民間人材を登用

政府は6月4日の未来投資会議(議長=安倍晋三首相)で、新たな成長戦略「未来投資戦略2018」の素案をまとめた。素案では、コンセッションの取り組み強化や、林業収益化の仕組みづくりの促進などが示された。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close