logo_tf_s.png
コンセッションの南紀白浜空港、マスタープランで成田線の就航目指す

和歌山県は、南紀白浜空港のコンセッション事業で優先交渉権者に選んだ「経営共創基盤・みちのりHD・白浜館コンソーシアム」のマスタープランを公表した。県とコンソーシアムは5月28日に基本協定を締結。7月上旬に実施契約を結び、2019年4月にコンセッション事業が始まる予定だ。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close