logo_tf_s.png
国会で取り上げられた仙台空港、未履行にペナルティーを科すのか

国管理空港のコンセッション第1号として、2016年7月から民間事業者による運営を開始した仙台空港。国会では、運営権者である仙台国際空港株式会社が提案事項の一部を履行していなかったことについて質問が寄せられた。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close