logo_tf_s.png
PPP/PFI導入検討、人口20万人未満の自治体は1割

日本総合研究所(東京都品川区)が、全国の自治体を対象に官民連携事業の取り組み状況を調べたところ、国が自治体に要請しているPPP/PFI導入規程を策定済み、または策定中とした人口20万人未満の自治体は、1割にとどまったことがわかった。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close