logo_tf_s.png
東急不動産が全国25カ所で再エネ展開、発電能力450MW

東急不動産は今後、太陽光発電所16カ所と風力発電所2カ所を完成させる。全体の完成時期は2021年度が目途。投資額は非開示。稼働中の7カ所の太陽光発電所と合わせ、全国25カ所の完成時の発電能力は計約450MWになる。これは一般家庭約12万9000世帯分の年間使用量に相当し、CO2を年約36万t減らす。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close