logo_tf_s.png
仙台国際空港が17年度に黒字転換、最終利益1億900万円

コンセッション方式で仙台空港を運営する仙台国際空港(宮城県名取市)は5月14日、2017年度の決算を発表した。営業利益は6700万円(16年度は9900万円の赤字)、当期純利益は1億900万円(同800万円の赤字)となり、民間運営2期目で黒字転換を果たした。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close