logo_tf_s.png
水力発電の運営権売却益49億円、鳥取県が試算

鳥取県は5月9日、県営の水力発電所3カ所にコンセッション方式を導入した場合、20年間で最大49億円の利益が見込めるとする試算をまとめた。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close