logo_tf_s.png
オリックスの事業投資部門で利益961億円、太陽光やコンセッションが貢献

オリックスが5月9日に発表した2018年3月期決算で、事業投資事業部門の税引き前利益は961億2000万円となり、前期比13.1%増加した。太陽光発電など環境エネルギー事業の拡大やコンセッション事業から得る利益が貢献した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close