logo_tf_s.png
浜松市の水道コンセッション、改正法成立を待って課題を精査

浜松市は、水道事業に導入を検討中のコンセッション方式について、国会での改正水道法の成立を待って、課題精査や基本方針案作成の作業を開始する意向だ。順調に進めば、2018年度中に基本方針を作成する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close