logo_tf_s.png
選ばれた理由:10億円が勝負を分けた静岡空港コンセッション

勝負を分けたのは約10億円の価格差だった。三菱地所(代表企業)と東京急行電鉄が組んだ三菱地所・東急電鉄グループと、双日を代表企業とするS&Jグループの2者が争った静岡空港のコンセッション事業。静岡県は三菱地所・東急電鉄グループを優先交渉権者に選定し、4月下旬に審査結果を公表した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close