logo_tf_s.png
150億円規模の信託方式・太陽光ファンド組成、三井住友信託銀行

三井住友信託銀行は4月11日、稼働済み(ブラウンフィールド)の太陽光発電事業を投資対象とする信託方式のファンドを組成すると発表した。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close