logo_tf_s.png
東北最大級60MWの太陽光発電所が運転開始、住商出資

住友商事、みずほ銀行、東芝エネルギーシステムズ、大成建設は4月13日、福島県南相馬市の太陽光発電所が3月20日に商業運転を始めたと発表した。総事業費は約220億円。発電容量は59.9MWで福島県最大、東北地方最大級となる。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

新着記事

PAGE TOP

Close