logo_tf_s.png
南紀白浜空港は応募2者ともコンセッション提案、知事は「補助金を少なくしたい」

2019年4月から民間運営が始まる南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の運営手法は、コンセッション方式になることが明らかになった。民間事業者はコンセッション方式か指定管理者制度を選ぶ仕組みになっており、一次審査を通過した「経営共創基盤・みちのりHD・白浜館コンソーシアム」と「白浜HMI」の2者ともコンセッションを提案したため。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close