logo_tf_s.png
熊谷組の香港海底道路トンネル運営、配当利回り17%超

香港のビクトリアハーバーを挟んで北に位置する九龍半島と、南に位置する香港島を結ぶ「東部海底トンネル(EHC:Eastern Harbour Crossing)」。ここで準大手ゼネコンの熊谷組が管理・運営・保守(MOM:Management,Operation and Maintenance)を手がける民間委託の道路事業が、契約期間の1年延長を香港政府から認められる見通しになった。当初の契約期間は18年8月までの2年間。認められれば、オプションとして1年延長できることになっている。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close