logo_tf_s.png
運営権ガイドライン改正(1)、民間事業者のコンセッション参画促す

コンセッション方式のルールブックである「公共施設等運営権及び公共施設等運営事業に関するガイドライン」の改正案(3月5日時点版)が、このほど明らかになった。これまであいまいだったリスク分担、責任の所在、判断のよりどころなどが明確になり、民間事業者はコンセッション事業に参画しやすくなる。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close