logo_tf_s.png
展望:水道法改正(1)、反対派は「水の安全」や「値上げ」を不安視

水道事業の基盤強化を目的とした水道法改正は、コンセッション方式の導入によって民間事業者が事業の効率化に貢献することも意図している。しかし、水道事業の民間委託に対する世間の反応は厳しい。2017年の衆議院、地方創生に関する特別委員会での攻防を、抜粋・要約して紹介する。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close