logo_tf_s.png
上場インフラファンドの取得範囲拡大へ、構造改革会合(2)

2月27日の「構造改革徹底推進会合」では、上場インフラファンドが取得できるコンセッション(公共施設の運営権)の範囲拡大を東京証券取引所が検討しているとの報告があった。将来の上場市場の活用を見すえ、PFI法で許容される範囲まで広げることを考えている。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close