logo_tf_s.png
長野・春近発電所コンセッション、2018年度に実施方針案

長野県は、改修工事を含むコンセッション方式の導入を検討している伊那市の春近発電所について、2018年度に実施方針案を作成し、19年度に実施方針公表と事業者選定を行う予定だ。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録していない方は、登録のうえログインしてください。
すでに会員の方は、ログインボタンをクリックしてください。

関連記事
新着記事

PAGE TOP

Close