岐部一誠・前田建設工業取締役

「脱請負」を掲げ、これまでに仙台空港と愛知の道路のコンセッション事業で、相次いで運営権を獲得した前田建設工業。運営権を取る前と後で何が変わったのか。今後はどこを目指すのか。岐部一誠・取締役常務執行役員に聞いた。(全3回)

(1)セカンダリーマーケットを常に意識

(2)分野より案件の収益性

 

(3)10年で「運営」を土木・建築に並ぶ利益に

PAGE TOP

Close