logo_tf_s.png
インフラファンド

インフラビジネスJAPANが報じたコンテンツから、「インフラファンド」キーワードのまとめページ

  • 戦略・経営 スタジアム・アリーナ
  • これからのスタジアム・アリーナ事業(1)、二段構えの官民ファンドをイメージ(2018/10/24)

  • インフラビジネスJAPANは9月26日、「日本に民設民営、アリーナファンドは根付くのか?」をテーマに、東京都内で第2回インフラ投資有識者会議を開催。三井住友トラスト基礎研究所の福島隆則氏と、電通の高橋俊憲氏をゲストスピーカーに招き、スタジアム・アリーナ事業における官民連携の課題や推進方法について議論を交わした。 会議の前半では、福島氏が「ファンドを活用したスタジアム・アリーナ整備について」、高橋氏が「アリーナはメディアになる!ライブコンテンツが創る“感動産業”」と題して講演した。後半のトークセッションでは、両講演に対して参加者から寄せられた質問を中心に討議した。 ここでは、トークセッションの内容を官民連携スキーム、横浜文化体育館などの事業に携わる電通の事業構想、今後の展望などを、5回に分けて報告する。第1回は、スタジアム・アリーナファンドの可能性について、報告する。(全5回)

  • 展望 リスク
  • 福島隆則の「トレンド10」関空の試練を“教訓”にできるか(2018/10/10)

  • 1カ月の出来事からインフラビジネスの潮流を探る「トレンド10」。三井住友トラスト基礎研究所の主席研究員、福島隆則氏が解説する。 ■9月のトレンド10 ①関空の試練を“教訓”にできるか ②コンテナ流出で受けた神戸港の痛手 ③インフラファンドにも波及したブラックアウト ④目線が合わない再エネの入札 ⑤再エネを求める企業、供給は足りるか ⑥海外の再エネ案件から見習うべきこと ⑦猛暑で拡大する学校空調PFI ⑧Post-PFIに金融投資家の出番を ⑨リーマン危機10年、印インフラ金融に信用不安 ⑩金融投資家が奪い合うインフラの果実

PAGE TOP

Close