logo_tf_s.png
インフラ運営で勢いづく欧州企業、ACS、Abertis、HOCHTIEFの2018年決算

世界のPPPで欧州インフラ企業が勢力を増している。スペインのインフラ総合事業グループ、ACS(Actividades de Construcción y Servicios)グループの2018年の売上高は前年比5%増の366億5900万ユーロ(約4兆6000億円)、EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)が同6.9%増の24億3700万ユーロ、純利益が同14.1%増の9億1500万ユーロだった。受注残高は前年比7.2%増の722億2300万ユーロ。米国が20%超の伸びを示している。

記事の全文は、インフラビジネスJAPANの会員(一般会員・プレミアム会員)の方だけがご覧いただけます。
まだ会員登録されていない方は、ご登録のうえログインください。
すでに一般会員の方は、是非この機会にプレミアム会員登録をご検討ください。

  1. 一部の記事を除き、会員(一般会員・プレミアム会員)は掲載開始後「24時間」を経過するまでは記事の全文を読むことができます。
  2. 掲載開始後「24時間」を経過した段階で、記事見出しには(プレミアム会員限定)マークが表記されます。
  3. マークの表記された記事の全文は、プレミアム会員だけが読むことができます。
新着記事

PAGE TOP

Close